メントレGレストランの歴史

今回はメントレGレストランの歴史について調べてみました♪
 
”国分さんの食事シーンに重点”を置いた構成となっているなんて、初めて知りました ^^;
 2000年10月6日に始まった名物コーナー。
 
支配人の国分太一(支配人を国分が務めるのは、国分の持ち込み企画だからである)が、ゲストの大好物の料理を1品ずつ試食し、他のメンバー(城島茂、山口達也、松岡昌宏、長瀬智也)がゲストの食べたい料理が何であるかを心理戦で当てるゲーム、2002年10月4日より「メントレGレストラン」と改題し、セットや国分支配人の衣装もリニューアルされ、ルールも多少改正されている。
 
このコーナーの目的は、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)の企画「ゴチになります」で、国分が料理を食べる姿が視聴者に好評であることから、彼の食事シーンをメントレGでも放送し視聴率を獲得することにある。
 
したがって、心理戦の模様やゲームの勝敗などよりも、国分の食事シーンに重点を置いた構成となっている。
 

国分がおいしそうに食べるので、お腹の空き具合によっては怒り出すゲストもいる。
引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

 


最後まで読んでくれてありがとう♪

ポチッ!♪と押してやってくださいませ
人気blogランキングへ投票 m(_ _)m

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。