TOP > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>

6月24日の結果・メニューで〜す

さてさて本日のメニュー詳細結果は・・・




1品目  呑来園 (港区芝浦) 


 お問い合わせ 03−5476−2137


     辛冷麺(裏メニュー)  ¥900− 



2品目  天丼の深川 (千葉県佐倉市)


     お問い合わせ 048−486−9938


     マンモス天丼     ¥3200−



3品目  Dipper(ディッパー)    (渋谷区)  


     お問い合わせ 03−5913−8827


     ディッパープレート     ¥1000−






    本日のメニュー予想は・・・


6月23日のゲストは”酒井法子”さん ノリピー!!!

プロフィールはこちら

酒井 法子(さかい のりこ、本名高相(たかそう)法子(旧姓酒井)、1971年2月14日 - )は、日本の元アイドル歌手、女優。 福岡県福岡市出身。出生は埼玉県。サンミュージックプロダクション所属。堀越高校卒業。血液型はB型
福岡市に生まれるが、家庭の事情により小学校時代の6年間を埼玉県狭山市で過ごす。6年生の3学期に帰郷して福岡市立大名小学校を卒業、タモリの後輩であることは知られている。福岡市立舞鶴中学校ではソフトボール部に所属し、3年生になった1985年の夏に県大会準優勝を果たした。
1985年10月26日の「'86ミスヘアコロンイメージガールコンテスト」でBOMB!賞を獲得(ちなみにグランプリは水谷麻里、準グランプリは岡谷章子、Momoco賞は畠田理恵が受賞)。ただし、当初このコンテストにBOMB!賞なる賞は存在しておらず、現実にはオーディション落選後に主催者側の人間からスカウトされて芸能界入り。BOMB!賞はその際に急遽新設され、11月22日付で贈られている。
1986年開始のドラマ『春風一番!』でデビュー。ほぼ同時に雑誌『Momoco』の「モモコクラブ」にも名を連ねる。桃組出席番号1482番。その後、4月29日のイベント「'86 MOMOCO PARTY」において開催された「第2回ミスモモコクラブ」オーディションでミスVHD賞を受賞(この時のグランプリは畠田理恵)。これにより当時売り出し中だったVHDのイメージガール的な位置を獲得し、11月21日、VHD『YUPPIE』で世界初のVHDデビューを果たす。このVHDの挿入歌『お願いダーリン』を非公式のデビュー曲とする見方もあるが、正式なレコードデビューは1987年になってから。同期にBaBe、坂本冬美らがいる。
レコードデビューと同時に若者を中心に人気を獲得、その年の日本歌謡大賞最優秀放送音楽新人賞を受賞する(ちなみに同じ年の日本レコード大賞の最優秀新人賞は立花理佐が受賞)。
ニックネームはのりピー。デビュー当時「のりピー語」と呼ばれる言葉を使い、「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」などといったフレーズを流行させた。後年、本人がTV番組で語ったところによると「のりピー語は事務所から無理矢理言わされていたもので嫌だった」とのこと。
アイドル時代の活躍は多岐に渡る。芸能活動のほかにイラストレーター・漫画家(ペンネームは平仮名のさかいのりこ)としても活動し、少女漫画雑誌『週刊少女コミック』に漫画の連載を持ったこともある。中学生の頃に自ら生み出したというキャラクター「のりピーちゃん」は、日本自動車工業会の交通安全ポスターにも使われた。また、そのキャラクターグッズも自身のショップ「NORI-P HOUSE」で販売されて人気を博し、当時のタレントショップブームの一翼を担っていた。
1990年代以降、東アジア(台湾、香港、中華人民共和国など)では日本での活躍と比較しても異様と思えるほどの人気があり、中国語の楽曲も多く発表している。1992年5月10日と翌5月11日に行われた自身初の海外公演である台北市立総合体育場でのコンサートは、台湾における日本人初のワンマンショーとなった。
その頃から女優としても本格的な活動が始まり、『ひとつ屋根の下』『星の金貨』などの出演テレビドラマが大ヒットする一方、『星の金貨』の主題歌として自ら歌った『碧いうさぎ』がミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして1995年の第46回紅白歌合戦へ念願の初出場を果たし、ドラマの設定もあり紅白史上始めて手話を交えて歌った。アイドル時代のファンからは、続編主題歌の『鏡のドレス』と共に、“従来に比べて落ち着き過ぎ”の評もある。
1990年代半ば以降、趣味としてマリンスポーツを楽しむようになり、親友の工藤静香らと共にサーファーとして知られるようになった。1998年できちゃった結婚した夫・高相祐一もプロサーファーである。1999年7月18日、長男を出産。現在は1児の母。
2000年に産休から復帰したが、デビュー当時からの担当マネージャーが自殺。
その後、子育てと女優活動を両立しながら2003年にはファッションブランド「PP rikorino」を立ち上げるなど、現在もマルチに活動している。
西村知美は、高校の同級生であり、実家も関門海峡を隔てた隣県である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



今週のメニューはこちら・・・

6月17日の結果・メニューで〜す




さてさて本日のメニュー詳細結果は・・・




1品目  じゃじゃおいけん (世田谷区) 


 お問い合わせ 03−3418−5831


     じゃじゃ麺 中盛り  ¥600− 



2品目  あつた 蓬莱軒 本店 (名古屋市熱田区)


     お問い合わせ 052−671−8686


     ひつまぶし     ¥2520−



3品目  トラジ    (世田谷区)  


     お問い合わせ 03−5430−2807


     特上牛たん      ¥2600−



<引用元>
http://www.fujitv.co.jp/mentreg/index2.html




本日のメニュー予想は・・・

メントレG、6月17日のゲストは・・・?

戸田恵子さん


戸田さんのプロフィールは・・・


戸田 恵子(とだ けいこ、本名;井上 恵子、旧芸名;あゆ 朱美、1957年9月12日 - )は、愛知県春日井市出身の声優、女優。血液型はO型。グランパパプロダクション所属。駒沢学園女子高等学校卒業(後輩は女優の常盤貴子)。現在神奈川県横浜市に在住。

声優としては『それいけ!アンパンマン』(アンパンマン役)、『ゲゲゲの鬼太郎(3作目)』(鬼太郎役)、『きかんしゃトーマス』(トーマス役)、『キャッツ・アイ』(来生瞳役)など、女優としては『ショムニ』(徳永あずさ役)などへの出演が知られている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





予告メニューはこちら・・・

6月10日の結果・メニューで〜す


さてさて本日のメニュー詳細結果は・・・




1品目  青  家 (目黒区) 


 お問い合わせ 03−3464−1615


     青家辛鍋ランチセット   ¥950− 



2品目  郷土料理 熊吉 渋谷店 (渋谷区)


     お問い合わせ 03−3463−0050


     馬刺し盛り合わせ     ¥1890−



3品目  なだ万 名古屋東急ホテル店(名古屋市中区)  


     お問い合わせ 052−241−3551


     天ぷら松コース      ¥6000−から
   

本日のメニュー予想は・・・

メントレG、6月10日のゲストは・・・?

時任三郎さん


時任さんのプロフィールは・・・

青森県弘前市から大阪府松原市と転々とする。1973年大阪市立工芸高等学校・木材工芸科(現インテリアデザイン科)に入学。1976年、大阪芸術大学デザイン学科入学。その後、バンド活動をはじめ、1980年レコードデビュー。1981年にはドラマデビュー。その後はエッセイを出すなど、俳優活動だけには留まらない。

1988年に三共が発売したにて、「24時間タタカエマスカ」というキャッチコピーと共に、初代CMキャラクターに起用される。最初のCMではそれほど注目されなかったものの、1989年に入り「牛若丸三郎太」というキャラクターに扮し、後にCD化された「勇気のしるし」をCMで歌ったところ、大評判となる。シングルカットされた同曲は、商品名の入った曲ながらオリコンシングルランキングTOP10に入る快挙(最高位2位)を成し遂げ、累計で60万枚以上を売り上げる。また、歌のトップテンでもTOP10入りするが、「鞍馬山で修行中」との理由で出演を辞退する。ただ、周囲からの「一度は生歌で聴きたい」という声に押され、夜のヒットスタジオSUPERにて一度だけ牛若丸三郎太として出演、突如現れ生歌を披露した後、突如消え去った。

非常に子煩悩であることで知られる。1999年、3児の父である時任は、子供をのびのび育てたいと家族でニュージーランドに移住。その間、役者の仕事は殆ど入れずに、全ての時間を家族とのふれあいに使った。子供が大きくなり、子育てが一段落したことから2003年に帰国。

最近では浜田省吾の楽曲「I am a father」や、aikoの楽曲「三国駅」のプロモーションビデオでも父親役を好演している。

名前の三郎を苗字の時任に引っ掛けて「時 任三郎」と良くからかわれる事がある。本人は出演していないものの、テレビドラマ「古畑任三郎」の「任三郎」という名前は、時任三郎が笑っていいとも!に出演した際、タモリが名前を「ときとうさぶろう」ではなく「ときにんざぶろう」と冗談で読み、その話を偶然耳にした三谷幸喜が、その話を元に名づけたものであるといわれている。

叔父は時任学園中等教育学校を経営。




予告メニューはこちら・・・

6月3日の結果・メニューで〜す

まずは本日のGスプーンは3品目の焼きそば!!!



またもや松岡君バッドチョイス!



さてさて本日のメニュー詳細結果は・・・
今日のお店・結果はこちら

TOKIOメンバー成績 途中経過だよん

長瀬智也  3勝4敗 3連敗中

城島 茂  3勝4敗 2連勝STOP

山口達也  2勝5敗 2連勝中

松岡昌宏  0勝7敗 7連敗中 

ゲスト   5勝2敗 


やっぱ国分太一君が一番おいしいな〜

年間で勝率トップに人は国分君と交代!

なんてルールができてもおもしろいかも・・・

6月3日のゲストはアンタッチャブルです

アンタッチャブルのプロフィールです


山崎 弘也(やまざき ひろなり)−1976年1月14日。B型。埼玉県出身。(ボケ担当)
柴田 英嗣(しばた ひでつぐ) −1975年7月15日。B型。静岡県出身。(ツッコミ担当)

アンタッチャブルは日本のお笑いコンビ。通称「チャブル」「アンタ」。プロダクション人力舎所属。
主な持ちネタは漫才である。一時期「エンタの神様」(日本テレビ)では、漫才のネタをベースにしたコントもやっていた。また、フリートークやリアクション芸もこなし、バラエティ番組で活躍している。先輩のアンジャッシュや後輩の北陽、ドランクドラゴンよりも売れるのが遅れたが、2003年のM-1グランプリ敗者復活戦で全国にその存在を知らしめ、翌2004年の同グランプリで見事優勝してブレイクを決定づけた。決まり文句は「あざーっす!(ありがとうございますの意味)」・「いやいやいや」など。
早いテンポでのボケ・ツッコミともに、非常にハイテンションでの漫才を展開して、大人気を博している。特に柴田のツッコミは、キレかかったテンションなのでよく「ぶち切れ漫才」と言われている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



1品目 牛タン

2品目 プルコギ

3品目 焼きそば
RDF Site Summary
RSS 2.0
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。